心電図の読み方:ST低下を覚えるエクササイズだ!

さあ、今日もエクササイズの時間だ。

今日のエクササイズは、心電図のST低下だぞ!

 

心カテ室において、心電図は重要な情報源だ。

中でもST変化は虚血性心疾患の診断をする上で、非常に重要な判断材料となるから、しっかり理解するんだっ!

 

 

 

これが心電図の読み方:ST低下の全容だ!!

ST降下 心電図

ST低下の定義 S波とT波が基線よりもにある波形
虚血性変化を示すST低下は『水平型』と『下降型
ST低下の意味 心筋の内側で(心内膜)で、 部分的に虚血(心内膜虚血)が起きている
ST低下を伴う疾患 労作性狭心症(EAP)
不安定狭心症(UAP)

 

 

ST低下について整理していくぞ!

まずは、ST低下の波形からだ!

S波とT波が基線よりも下にある波形はすべて『ST低下』だ。

 

具体的には、0.1mV以上基線より低下した波形を指すぞ!

 

ST下降は、薬物服用時、低カリウム血しょう、左室肥大、心筋症でもみられるが、

心カテ室で重要なのは虚血性変化によっておこるST低下だ。

 

虚血性変化を示すST低下波形は2パターンがある。

水平型』と『下降型』の2つだ。↓

ST降下 心電図

 

 

 

水平型、下降型のST低下が見られるとき、心筋では虚血が起きている。

心臓の内側(心内膜)で

部分的に虚血が起きている(=心内膜虚血)ときに、ST低下が出現するぞ!

心内膜虚血

 

ST低下は、労作性狭心症(EAT)不安定狭心症(UAP)で見られる波形だ!

 

 

 
このエクササイズに関連した解決済み質問

 

それ以外で心カテでわからないことがあったら

専用掲示板「教えて!心カテブートキャンプ」で質問しよう!

   
わからないことを質問する

 

質問への回答のご協力をお願いします m(_ _)m
心カテブートキャンプの質問掲示板「教えて!心カテブートキャンプ」は
質問する人、回答する人の双方の協力で成り立っています。

もし、掲示板内に答えれそうな質問があったら、是非答えてあげてください。


未解決の質問を見る


 
 

心電図の読み方:ST低下を覚えるエクササイズを始めるぞ!

 

ST低下エクササイズ① 空欄を埋めて表を完成させるんだ!

早速、心カテ隊員専用ページから、

『心電図の読み方:ST変化を覚えるエクササイズシート』をダウンロードし印刷しよう。

まだ心カテ隊に入隊していない人は、今すぐ入隊してエクササイズシートを入手しよう。

⇒心カテ隊新規入隊申込(無料)はこちら

 

 

 

心電図の読み方 ST低下

エクササイズシートの4ページ目に、

ST低下を覚える表が用意されている。

これは穴埋め用だから、上の表を参考にしながら

空白を埋めて完成させよう!

 

実際に書いてみることで、

ST低下がどういったものなのかを、正しく理解できるぞっ!

 

 

よーし、その調子だ。いい感じだぞ!

心電図から虚血を発見することは

早期発見・早期治療にとても重要だ!

心電図を見た時に一瞬で判断できるようになるために、

自分の中で常識になるまで何度も反復練習するんだ!!

 

 

 

おすすめの心電図本

見ておぼえる心電図のえほん心カテ隊長のレビューはこちら




このページの先頭へ