心電図の読み方:ST上昇を覚えるエクササイズだ!

さあ、今日もエクササイズの時間だ。

今日のエクササイズは、心電図のST上昇だぞ!

 

心カテ室において、心電図は重要な情報源だ。

中でもST変化は虚血性心疾患の診断をする上で、非常に重要な判断材料となるから、しっかり理解するんだっ!

 

 

 

これが心電図の読み方:ST上昇の全容だ!!

ST上昇 心電図

ST上昇の定義 S波とT波が基線よりもにある波形
ST上昇の意味 心筋の内側から外側へ、
貫くように虚血が広がる貫壁性虚血が起こっている
ST上昇を伴う疾患 急性心筋梗塞(AMI)
異型狭心症(VAP)

 

ST上昇の虚血部位の特定方法は、このエクササイズが勉強になるぞ!↓

ST上昇から虚血部位を特定するエクササイズだ!

 

ST上昇について整理していくぞ!

まずは、ST上昇の波形からだ!

ST上昇 心電図

 

ST上昇の波形はいくつかパターンがあるが、

S波とT波が基線よりも上にある波形はすべて『ST上昇』だ。

 

 

具体的には、

 

肢誘導(Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ,aVr, aVl, aVf)では0.1mV以上

胸部誘導(V~V)では、0.2mV以上

基線より上昇した波形を指すぞ!

 

 

ST上昇が見られるとき、心筋では虚血が起きている。

虚血領域が心筋の内から外へ、

貫くように広がる(=貫壁性虚血)でST上昇が出現するぞ!

貫壁性虚血

 

ST上昇は、急性心筋梗塞(AMI)異型狭心症(VAP)で見られる波形変化だ!

 

 

心電図の読み方:ST上昇を覚えるエクササイズを始めるぞ!

 

ST上昇エクササイズ① 空欄を埋めて表を完成させるんだ!

早速、心カテ隊員専用ページから、

『心電図の読み方:ST変化を覚えるエクササイズシート』をダウンロードし印刷しよう。

まだ心カテ隊に入隊していない人は、今すぐ入隊してエクササイズシートを入手しよう。

⇒心カテ隊新規入隊申込(無料)はこちら

 

 

 

心電図の読み方:ST上昇

エクササイズシートの3ページ目に、

ST上昇を覚える表が用意されている。

これは穴埋め用だから、上の表を参考にしながら

空白を埋めて完成させよう!

 

実際に書いてみることで、

ST上昇がどういったものなのかを、正しく理解できるぞっ!

 

 

よーし、その調子だ。いい感じだぞ!

心電図から虚血を発見することは

早期発見・早期治療にとても重要だ!

心電図を見た時に一瞬で判断できるようになるために、

自分の中で常識になるまで何度も反復練習するんだ!!

 

 

おすすめの心電図本

見ておぼえる心電図のえほん心カテ隊長のレビューはこちら



スポンサードリンク


カテ室で働く看護師の皆様へ
心カテブートキャンプからのお知らせ

2016年9月6日、心カテブートキャンプより心カテ看護に特化した新教材

「心カテ看護 虎の巻 〜心臓カテーテル検査/PCI編〜」

がリリースされました。

<心カテ看護虎の巻の詳細はこちら>


【心カテ隊のご案内】
カテ室に配属されたばかりの新人スタッフさんへ!
私たちと一緒に心カテを勉強しませんか?

心カテの勉強って一人でやろうとするとすごく大変!

そこで当サイトが運営する心カテ隊では、新人スタッフさん向けの無料学習プログラムを提供しています。

そこでは、入隊者全員にメルマガエクササイズというものを配信。
まず、心臓の解剖や疾患、心電図の見方といった基本的なところをおさらいし、その後、検査, PCI, アブレーション, ペースメーカ/ICD/CRTを一緒に勉強しています。
1回のエクササイズは5分程度で終わるように心がけているので、空いた隙間時間を有効活用して、コツコツ勉強を進めていきましょう。

さらに、隊員専用ページにてエクササイズシートというものを配布。
これは難しいカテ知識を、わかりやすくクイズ形式で覚えるためのツールです。

目標はエース級のカテ室スタッフ。
具体的には、周囲の状況から次の展開を先読みしコメディカルでありながら手技をリードできるレベルを目指しています。

現在、心カテ隊では全国3000人以上の新人スタッフさんが勉強しています。
あなたも一緒にいかがですか?

氏名  *
姓:

名:
メールアドレス  *
確認用メールアドレス  *

【重要】入隊後、メールが届かない方へ。
docomo, ezweb, softbankなどの携帯用メールアドレスで登録された方へのメール不達が頻発しています。入隊後にメールが届かない方はYahoo!メールもしくはGmailなどのパソコン用メールアドレスで再度ご登録ください。
*それでもメールが届かない場合は、こちらからお問い合わせください。

このページの先頭へ