IVUS(血管内超音波検査)を覚えるエクササイズだ

さあ、今日もエクササイズの時間だ。

今日のエクササイズは、IVUS(血管内超音波検査)だぞ!

 

IVUSはPCI(経皮的冠動脈形成術)の手技でなくてはならない重要な検査だ。

 

ほとんどのPCI症例でIVUSによって得られた情報を元に、

ステントのサイズ決めや、血栓吸引や末梢保護デバイスの使用の検討などなど

様々なPCIの治療戦略を組立てていくぞ!

 

IVUSはPCIの手技でとても重要な検査だ。

今日のエクササイズを通して、IVUSの基本的な知識をしっかり押えていこう!

 

これが、IVUS (血管内超音波検査)を覚えるエクササイズの全貌だ! ↓

 

 

IVUSの原理

IVUSは、超音波によって血管内の様子を観察する検査のことです。

 

IVUSでは直径1mm以下の細い超音波カテーテルを使います。

カテーテル先端のプローブが超音波を出しながら360度高速回転することで

冠動脈の断面を観察する事が出来ます。

 

カテーテル先端にあるプローブが血管内で360度回転している様子↓

ivus

IVUSでは、このような映像で血管の断面を観察できます↓

ivus 画像

 

 

IVUSでわかること

病変の長さ

血管の太さ(血管径 / 狭窄部位の径)

病変の性質(プラークの量 / 繊維化の度合い / 石灰化の有無など)

・血栓や解離、冠動脈瘤など様々な情報

 

 

PCIでIVUSを使用する主な理由

バルーンやステントのサイズを決めるため

血栓吸引カテーテルや末梢保護デバイスの必要性を検討するため

ステント留置が良好に行われたかどうかを確認するため

 

 

 

IVUSについて整理していくぞ!

IVUSの原理と検査画像

IVUSとは、直径1mm以下の細い超音波カテーテルを使い血管の断面図を観察する検査のことだ。

 

超音波カテーテルの原理は簡単で、

超音波カテーテルの先端にプローブと呼ばれる超音波を出す部分があり、

そのプローブを360度回転させる事で冠動脈を輪切りにした断面図を観察できるんだ!

 

IVUSの先端にあるプローブが360度回転している様子↓

このような映像で血管の断面を観察できるぞ!↓

 

 

IVUSでわかること

IVUSは安全にPCIを実施する上で、とても重要な検査だ。

 

IVUSを使う事で、病変の長さ血管径だけでなく

病変の性質や解離、血栓の量、冠動脈瘤、ステントの破損状況などなど

アンギオだけではわからない詳細な病変情報が多く得られるぞ!

 

 

PCIでIVUSを使用する主な理由

PCIでIVUSを行う理由は主に3つある。

それは、

①バルーンやステントのサイズを決めるため

②血栓吸引カテーテルや末梢保護デバイスの必要性を検討するため

③ステント留置が良好に行われたかどうかを確認するため

の3つだ。

 

1つずつ整理していこう。

 

まず大前提として、PCIではIVUSを行うタイミングが2回あることを確認しておこう。

1回目が前拡張の直前で、2回目がステント留置の直後だ。

(参照:PCIの手技手順を覚えるエクササイズだ!

 

1回目の前拡張の直前でのIVUSでは、

主に血管径と病変の長さ、血栓の有無と病変の性質について観察していくぞ!

 

血管径と病変の長さを確認する事でバルーンやステントのサイズを決定するんだ。

そして、血栓の有無を確認する事で血栓吸引カテーテルの必要性を検討するぞ。

 

さらに病変のプラーク量や石灰化度合いといった病変の性質も確認する。

この時、もしプラークの多い病変だった場合

バルーン拡張時にプラークの破片が末梢に飛び冠動脈を詰まらせる可能性があるため

②末梢保護デバイスの使用を検討するぞ!

 

 

2回目のステント留置の直後で行われるIVUSでは、

主にステントの内径を測定したり、ステントの圧着度合いを確認していく。

 

これらを確認する事で、

③ステント留置が良好に行われたかどうかを確認できるぞ!

 

本来ステントは十分拡張されており、また血管壁に圧着されているのが理想だ。

2回目のIVUSでステントが拡張不良や圧着不良を起していたら、後拡張を行いステントを広げなければならないぞ!

 

 

まとめ

IVUSはPCIを安全かつ確実に施行するために必須の検査だ。

IVUSの画像をちゃんと読影できれば、

アンギオからではわからない様々なPCI上のリスクを先読みできるようになる。

 

しっかりIVUS画像を読めるようになり

IVUS画像を元に、安全で確実なPCIの治療戦略が立てられるようになる為にも

まずは、IVUSとは一体何で、IVUSから何が分かり、IVUSによって何を検討していくのか

その基本となる部分をしっかり押さえていこう!



スポンサードリンク


カテ室で働く看護師の皆様へ
心カテブートキャンプからのお知らせ

2016年9月6日、心カテブートキャンプより心カテ看護に特化した新教材

「心カテ看護 虎の巻 〜心臓カテーテル検査/PCI編〜」

がリリースされました。

<心カテ看護虎の巻の詳細はこちら>


【心カテ隊のご案内】
カテ室に配属されたばかりの新人スタッフさんへ!
私たちと一緒に心カテを勉強しませんか?

心カテの勉強って一人でやろうとするとすごく大変!

そこで当サイトが運営する心カテ隊では、新人スタッフさん向けの無料学習プログラムを提供しています。

そこでは、入隊者全員にメルマガエクササイズというものを配信。
まず、心臓の解剖や疾患、心電図の見方といった基本的なところをおさらいし、その後、検査, PCI, アブレーション, ペースメーカ/ICD/CRTを一緒に勉強しています。
1回のエクササイズは5分程度で終わるように心がけているので、空いた隙間時間を有効活用して、コツコツ勉強を進めていきましょう。

さらに、隊員専用ページにてエクササイズシートというものを配布。
これは難しいカテ知識を、わかりやすくクイズ形式で覚えるためのツールです。

目標はエース級のカテ室スタッフ。
具体的には、周囲の状況から次の展開を先読みしコメディカルでありながら手技をリードできるレベルを目指しています。

現在、心カテ隊では全国3000人以上の新人スタッフさんが勉強しています。
あなたも一緒にいかがですか?

氏名  *
姓:

名:
メールアドレス  *
確認用メールアドレス  *

【重要】入隊後、メールが届かない方へ。
docomo, ezweb, softbankなどの携帯用メールアドレスで登録された方へのメール不達が頻発しています。入隊後にメールが届かない方はYahoo!メールもしくはGmailなどのパソコン用メールアドレスで再度ご登録ください。
*それでもメールが届かない場合は、こちらからお問い合わせください。

このページの先頭へ