PCI(経皮的冠動脈形成術)の手技の手順を覚えるエクササイズだ!

さあ、今日もエクササイズの時間だ。

今日のエクササイズは、PCI(経皮的冠動脈形成術)の手技の手順だぞ!

PCI(経皮的冠動脈形成術)とは、狭窄病変にステントを留置することで冠動脈の血流量を確保する、虚血性心疾患に対する手技のことだ。

 

労作性狭心症、不安定狭心症、急性心筋梗塞の患者さんがPCIの適応となりうるぞ!

 

頻繁に行われる手技だから

このエクササイズを通して、手技の手順をマスターするんだ!

 

 

これが、PCI(経皮的冠動脈形成術)の手技の流れを覚えるエクササイズの全貌だ!↓↓

 

~PCI(経皮的冠動脈形成術)の手技の流れ~

①穿刺してシースを留置する

②シースからガイドワイヤーを先行させ、ガイディングカテーテルを挿入、留置する

冠動脈造影(CAG)にて狭窄病変の位置と病変形態を確認する

④狭窄病変にPCI用ガイドワイヤーを挿入する

IVUSで狭窄病変の性質(石灰化、プラークが多いなど)、長さ、血管径を確認

バルーンで狭窄病変を拡張する(=前拡張

*前拡張のことをカテ室では「プレ」と呼ぶことが多いぞ!

ステントを狭窄病変に留置する

IVUSで留置したステントの状態を確認する

(⑨ステントの拡張が不十分であればバルーンで留置したステントを圧接(=後拡張)、再びIVUSでステントの状態を確認。

*後拡張のことをカテ室では「ポスト」と呼ぶことが多いぞ!)

冠動脈造影(CAG)で治療した病変を確認する

⑪挿入したデバイスとシースを抜去する

 

 

PCI(経皮的冠動脈形成術)の手技の手順について整理していくぞ!

ステント留置

まず、PCI(経皮的冠動脈形成術)が

ステントを留置するための手技であることを

もう一度確認しよう。

 

そして、ステントを留置する前後で

・冠動脈造影(CAG)

・IVUS

・バルーン拡張

この3つを行っていく。

 

それぞれステント留置の前後で目的が違うぞ。

その違いをまとめたのが下の表だ!

 

■ステント留置前後の冠動脈造影

確認項目 行う目的
冠動脈造影
(ステント留置前)
・狭窄病変の位置
・病変形態
どの道具(ワイヤー・バルーン・ステント)を使うか、どのようにステントを留置していくかといった、大まかな治療戦略を立てる。
冠動脈造影
(ステント留置後)
・治療病変の状態
・PCIの成功不成功の判断
手技が成功したか最終確認するため。
(ステント留置によって血行不良が改善したら手技成功)

 

 

■ステント留置前後のIVUS

確認項目 行う目的
IVUS
(ステント留置前)
・病変の性質(石灰化など)
・病変の長さ
・病変部の血管径
使用するバルーン・ステントの種類と長さ、径、そして、どのようにステントを留置するのかを最終決定する。
IVUS
(ステント留置後)
・留置されたステントの状態を確認
・ステント留置により内皮が傷ついていないか確認
ステントが安全に留置できたかどうかを確認するため
(血管径よりもステントの径が小さかったり、ステント留置により血管内皮が傷ついていると良くない)

 

 

■ステント留置前後のバルーン拡張

行う目的
前拡張
(ステント留置前)
ステントはバルーンに比べ、狭窄病変に引っかかりやすいため、病変を事前に広げておいて、ステントが引っかからないようにする
後拡張
(ステント留置後)
留置したステントをさらに押し広げ、固定するため。

 

 

以上の違いをしっかりと押さえて

PCI(経皮的冠動脈形成術)の手技の流れを理解すれば

「ステント留置前にバルーン拡張を行わない」といった

イレギュラーな動きがあったとしても、

「なるほど。ステントが通過するのに十分なスペースがあったから

バルーン拡張しなかったんだな」

といった具合に、手技の状況を推察できるようになるぞ!



スポンサードリンク


カテ室で働く看護師の皆様へ
心カテブートキャンプからのお知らせ

2016年9月6日、心カテブートキャンプより心カテ看護に特化した新教材

「心カテ看護 虎の巻 〜心臓カテーテル検査/PCI編〜」

がリリースされました。

<心カテ看護虎の巻の詳細はこちら>


【心カテ隊のご案内】
カテ室に配属されたばかりの新人スタッフさんへ!
私たちと一緒に心カテを勉強しませんか?

心カテの勉強って一人でやろうとするとすごく大変!

そこで当サイトが運営する心カテ隊では、新人スタッフさん向けの無料学習プログラムを提供しています。

そこでは、入隊者全員にメルマガエクササイズというものを配信。
まず、心臓の解剖や疾患、心電図の見方といった基本的なところをおさらいし、その後、検査, PCI, アブレーション, ペースメーカ/ICD/CRTを一緒に勉強しています。
1回のエクササイズは5分程度で終わるように心がけているので、空いた隙間時間を有効活用して、コツコツ勉強を進めていきましょう。

さらに、隊員専用ページにてエクササイズシートというものを配布。
これは難しいカテ知識を、わかりやすくクイズ形式で覚えるためのツールです。

目標はエース級のカテ室スタッフ。
具体的には、周囲の状況から次の展開を先読みしコメディカルでありながら手技をリードできるレベルを目指しています。

現在、心カテ隊では全国3000人以上の新人スタッフさんが勉強しています。
あなたも一緒にいかがですか?

氏名  *
姓:

名:
メールアドレス  *
確認用メールアドレス  *

【重要】入隊後、メールが届かない方へ。
docomo, ezweb, softbankなどの携帯用メールアドレスで登録された方へのメール不達が頻発しています。入隊後にメールが届かない方はYahoo!メールもしくはGmailなどのパソコン用メールアドレスで再度ご登録ください。
*それでもメールが届かない場合は、こちらからお問い合わせください。

このページの先頭へ