心カテブートキャンプからのお知らせ
【研修医向け】
春から研修医になるにあたってオススメのサイト

【カテ室に入りたての新人向け】
短期間で心カテエースを養成する特別カリキュラム 心カテスターターパック

発作性心房細動(PAF)への拡大肺静脈隔離を覚えるエクササイズだ!

スポンサードリンク

さあ、今日もエクササイズの時間だ。

今日のエクササイズは、発作性心房細動(PAF)のアブレーションラインだぞ!

 

心カテ室では、発作性心房細動をPAF(パフ)と呼んでいる。

 

「今日はパフが1例あるよ~」

 

といわれたら、発作性心房細動のアブレーションのことだ!

 

このエクササイズでPAFのアブレーションラインをしっかりと理解するんだぞ!!

 

 

これが発作性心房細動(PAF)のアブレーションラインの全貌だ!↓↓

 

pvisolation

焼灼部位 アブレーションラインの描き方
肺静脈周り(拡大肺静脈隔離) 右肺静脈(RPV)及び左肺静脈(LPV)を円で囲むように描く

 

図のように肺静脈周りを焼灼して

肺静脈を左心房から電気的に隔離することを拡大肺静脈隔離と言う。

 

拡大肺静脈隔離を行うと、

心房細動のきっかけとなる肺静脈内の異常興奮が心房に伝わらなくなり

心房細動を防ぐことができる。

 

 

発作性心房細動(PAF)のアブレーションラインについて整理していくぞ!

 

まずは肺静脈周辺の解剖をおさらいするぞ!

心房細動アブレーション 解剖のおさらい

 

手技中は肺静脈の解剖名が乱れ飛ぶ。

だから、ここで一度おさらするぞ!

略語 英名 和名
RPV Right Pulmonary Vein 右肺静脈
RS Right Superior Pulmonary Vein 右上肺静脈
RI Right Inferior Pulmonary Vein 右下肺静脈
LPV Left Pulmonary Vein 左肺静脈
LS Left Superior Pulmonary Vein 左上肺静脈
LI Left Inferior Pulmonary Vein 左下肺静脈

 

カテ室では略語・英名・和名の3つがごちゃ混ぜで飛び交うぞ!

手技の流れについていくためにも、この3種類はセットで覚えるんだ!

 

 

肺静脈周辺を含む心臓全体の解剖は

解剖図 心臓の基本構造を覚えるエクササイズだ!

で復習できるぞ!

解剖名があやふやな人は今すぐチェックしよう!

 

 

発作性心房細動(PAF)のアブレーションライン

発作性心房細動(PAF)は、

多くの場合、肺静脈内からおきる電気的な異常興奮が引き金となって起こる。

 

肺静脈内の異常興奮が心房内に伝わることで心房期外収縮を引き起こし、

その心房期外収縮が引き金となって心房細動に移行するんだ!

 

発作性心房細動(PAF)のアブレーションでは、

引き金となる肺静脈起源の心房期外収縮を防ぐために、

肺静脈周囲を囲むように焼灼し、

肺静脈内の異常興奮が心房内に伝わるのをブロックする。

これを拡大肺静脈隔離と呼ぶぞ!

pvisolation

 

 

まとめ

発作性心房細動(PAF)のアブレーションでは

左右肺静脈をぐるっと大きく円で囲むようなラインを描き、

拡大肺静脈隔離を行っていく。

 

拡大肺静脈隔離しただけでは防ぐことが出来ない発作性心房細動(PAF)では

追加でルーフやボトムといったラインを焼灼することもある。

「ルーフ」や「ボトム」という言葉は

発作性心房細動の再発や、持続性心房細動のアブレーションで出てくることがあるから余力があれば覚えておこう!

 

 

ケースレポートを活用すれば、アブレーションへの理解が飛躍的に高まるぞ!

start1心カテスターターパックの中に入ってるケースレポート(アブレーション用)を使って勉強すれば、アブレーションへの理解が格段に深まるぞ!
ケースレポートを書きながら症例を観察すると

・その日の症例で何が起こったか?
・どんな手順で手技が進んだのか?
・どんな種類のカーテルを使ったのか?などなど

症例の情報を的確にまとめることができるんだ。

ケースレポートには、手技の流れや薬剤、デバイスについての知識までカテ室の新人が押さえておくべき必須事項が空欄になっている。

そのため、空欄を埋めていくだけで症例への理解が深まるぞ!
またメモ欄も充実しているから、わからなかった部分や先輩から教わったことをどんどんメモしていこう。

こうして症例で学んだことを1例ずつ丁寧にまとめることで、生きた知識を積み上げていくことができるぞ!

 

心カテスターターパックの詳細はこちら(→レビューを見る(42件)



【PR】医師・看護師のためのオンライン英会話【医学英語アカデミー】




スポンサードリンク







  • K&K

    今年度から新カテに携わることになりました(新人)
    治療について質問させてください。
    CAGやCAG+LVGなどはわかるのですがたまにDCというものが存在します・・・
    これはDCをかけて終わりですか?
    何のために行うものなのでしょうか?
    アブレーション前に頻脈を治し治療をしやすくするのでしょうか??
    わかりません・・・
    お願いします。

    • 心カテ隊長

      心カテの世界へようこそ!

      アブレーション中のDCをなぜ行うか?というご質問ですよね?

      アブレーション中のDCは主には治療中に頻拍を止めたいときに行います。
      DCのタイミングはざっくり3つくらいあります。

      ・EPSで頻拍を誘発した後、別のEPSを行うため次のペーシングをしたいのに、なかなか頻拍が止まらないとき
      ・現在頻拍中で、頻拍の起こり始めの心内電位の様子を観察したいとき(起こり始めを観察するには一度頻拍を止めないといけないので)
      ・治療を終了したいのに頻拍が止まらない時

      ・・・とこんな感じでDCを使っていきます。

    • うの

      心房細動の項目での質問ということで心房細動治療に関するDCと認識して返答します。

      術前にDCを行うかどうかはDrによって意見の分かれるところですが
      術前にDCを行う理由はざっくり3つ

      ・通電効率を上げる
      心房細動中は心内の血流が悪くなるためアブカテの冷却効果が下がり通電効率が悪くなります。そのため一度洞調律に戻して血流によるクーリング効果を高めてから通電を行います。

      ・治療の進行具合の正確な確認
      PVIはPVに入れたリングカテの電位が消える、もしくは独立することでLA-PV間の電気的隔離が出来たことを確認します。
      心房細動中はPV内に入れたリングカテの電位が見づらくなります。
      また、PV内から電気が発生している可能性もあります。焼灼ラインより内側から電気信号が起っていたら焼灼ラインより内側にあるリングカテの電位は永遠に消えませんよね。つまり、心房細動中はリングカテの電位が消えたことが隔離のエンドポイントにならない可能性があるわけです。

      ・心房細動発生の正確な原因を探る
      心房細動の多くはPVが起源でPVを電気的隔離することで治療することが出来ますが稀にPV以外が原因となり心房細動が起る人がいます。
      一度洞調律に戻してPVにカテを置いた状態で心房細動の発生を確認することにより心房細動がPVから発生したのかどうかを確認します。PV以外から起るのならPV隔離以外のストラテジーも考えないといけないですよね。

このページの先頭へ