心カテブートキャンプからのお知らせ
【研修医向け】
春から研修医になるにあたってオススメのサイト

【カテ室に入りたての新人向け】
短期間で心カテエースを養成する特別カリキュラム 心カテスターターパック

スワンガンツ(Swan-Ganz)カテーテルを覚えるエクササイズだ!

スポンサードリンク

さあ、今日もエクササイズの時間だ!

今日のエクササイズはスワンガンツカテーテルについてだぞ!

 

スワンガンツを使うことで心臓の血液の流れを把握できるためこの検査を通して心機能の異常がわかるぞ!

 

心カテ室で頻繁に行われる検査だからこのエクササイズでしっかりとマスターするんだ!

 

 

これがスワンガンツカテーテルを覚えるエクササイズの全貌だ!↓

 

■スワンガンツカテーテル検査の目的

心機能異常の詳細な把握(何処でどんな異常が起こっているのか)

 

■検査項目

心内圧の測定

心拍出量(Cardiac Output: CO) の測定

・酸素飽和度の測定

 

■カテーテルのアプローチ部位

スワンガンツ アプローチ

和名 英名
大腿静脈 Femoral vein
上腕静脈 Brachial vein
鎖骨下静脈 Subclavian vein
内頚静脈 Internal Jugular vein

 

 

 

■心内圧の測定部位スワンガンツ 心内圧測定

和名 英名 略語
肺動脈楔入圧 Pulmonary Capillary Wedge Pressure PCWP
肺動脈圧 Pulmonary Arterial Pressure PAP
右室圧 Right Ventricular Pressure RVP
右房圧 Right Atrial Pressure RAP
中心静脈圧 Centeral Venous Pressure CVP

 

 

 

■各部位の心内圧正常値と変動要因

部位 正常値(mmHg) 変動要因
PCWP 平均圧:6~12 平均圧上昇:左心不全平均圧低下:循環血液量の減少
PAP 収縮期:15~25拡張期:8~15平均圧:10~20 収縮期圧上昇:肺梗塞拡張期圧上昇:左心不全
RVP 収縮期:15~25拡張期:0~8 収縮圧上昇:肺高血圧症、肺動脈狭窄拡張期圧上昇:右心不全、心タンポナーデ
RAP -1~7平均圧:4 平均圧上昇:右心不全、心タンポナーデ平均圧低下:循環血量の減少
CVP 平均圧:2~8 平均圧上昇:循環血液量の上昇、右心不全、心タンポナーデ)、過剰輸液(輸血)平均圧低下:循環血量の減少

 

 

 

■熱稀釈法による心拍出量(Cardiac Output:CO)の測定

熱稀釈法 スワンガンツ

心拍出量(CO)の測定は、

右心房にある注入用側孔から

少量の冷水(10mlほど)を勢いよく流し

血液の温度変化をカテ先端の温度センサで感知することで行います。

 

注入される冷水が一定のため、

一度下がった血液温度が戻るまでの時間を測定することで

心拍出量(CO)が測定できます。

 

 

スワンガンツ(Swan-Ganz)カテーテルを整理していくぞ!

 

なぜスワンガンツを行うのか?

スワンガンツカテを使うことで、

心内圧、心拍出量(Cardiac Output: CO) そして酸素飽和度

この3つを測定できるのだが、

そもそもなぜそんな数値を測定しなければならないのか?

ここが重要だ!

 

心疾患が原因で心機能が低下した場合、

必ず心臓の血行動態(血の流れ方)に異常が起こる。

そこで、スワンガンツを使うことで

心臓の血行動態を詳細に調べられ、

心臓の何処でどんな異常が起こっているかを把握できるんだ!

 

つまり、

心機能異常の詳細な把握(何処でどんな異常が起こっているのか)

これが、スワンガンツを行う目的だ!

 

スワンガンツで得られた数値は

その後の治療方針の決定に影響するから

とても重要な検査だぞ!

 

検査項目

スワンガンツの検査項目は3つだ。

心内圧の測定

心拍出量(Cardiac Output: CO) の測定

・酸素飽和度の測定

 

この3つのうち、

・心内圧測定

・心拍出量(CO)

この2つは、

治療方針を決める際(フォレスター分類)に重要な数値だから

しっかりと押さえておこう!

参照:フォレスター(Forrester)分類を覚えるエクササイズだ!

 

 

スワンガンツカテーテルのアプローチ部位

スワンガンツカテは右心カテだから

静脈からアプローチするぞ!スワンガンツ アプローチ

 

アプローチ可能な箇所は

和名 英名
大腿静脈 Femoral vein
上腕静脈 Brachial vein
鎖骨下静脈 Subclavian vein
内頚静脈 Internal Jugular vein

 

の4箇所。

この4箇所は和名・英名のセットで覚えるんだ!

 

この4箇所の内、特に頻繁に使われるのは

大腿静脈

上腕静脈

この2箇所だ!

この2箇所は最初に必ず覚えておくんだぞ!

 

心内圧の測定箇所

スワンガンツでの心内圧測定箇所は5箇所だ!

スワンガンツ 心内圧測定

和名 英名 略語
肺動脈楔入圧 Pulmonary Capillary Wedge Pressure PCWP
肺動脈圧 Pulmonary Arterial Pressure PAP
右室圧 Right Ventricular Pressure RVP
右房圧 Right Arterial Pressure RAP
中心静脈圧 Centeral Venous Pressure CVP

 

この5箇所のうち、一番重要なのが

PCWP (肺動脈楔入(せつにゅう)圧)だ!

なぜなら、PCWPの数値がフォレスター分類でも使われるからだ!

スワンガンツを行うときは、必ずPCWPの数値を押さえるんだぞ!

参照:フォレスター(Forrester)分類を覚えるエクササイズだ!

 

これら5つの測定箇所は知っていて当然のMUST知識だ。

和名・英名・略語を3つセットですべて暗記しよう!

 

 

各部位の心内圧正常値と変動要因

各部位の正常値と変動要因は下の表にまとまっている。↓

部位 正常値(mmHg) 変動要因
PCWP 平均圧:6~12 平均圧上昇:左心不全平均圧低下:循環血液量の減少
PAP 収縮期:15~25拡張期:8~15平均圧:10~20 収縮期圧上昇:肺梗塞拡張期圧上昇:左心不全
RVP 収縮期:15~25拡張期:0~8 収縮圧上昇:肺高血圧症、肺動脈狭窄拡張期圧上昇:右心不全、心タンポナーデ
RAP -1~7平均圧:4 平均圧上昇:右心不全、心タンポナーデ平均圧低下:循環血量の減少
CVP 平均圧:2~8 平均圧上昇:循環血液量の上昇、右心不全、心タンポナーデ)、過剰輸液(輸血)平均圧低下:循環血量の減少

 

ざっくりと説明すると、

PCWPで異常があった場合、左心に異常があるぞ!

CVPで異常があった場合、右心に異常があるぞ!

このざっくりとしたイメージを最初に押さえておこう!

 

部位と正常値で一番重要なのは

PCWPの数値だ。

PCWPの数値はフォレスター分類で使用される。

PCWPの正常値が6~12mmHgであることを、

一番最初に覚えるんだ!

参照:フォレスター(Forrester)分類を覚えるエクササイズだ!

 

熱稀釈法による、心拍出量(CO)の測定

熱稀釈法 スワンガンツ

心拍出量(CO)は、冷水を右心房に注入する

熱稀釈法によって行われるぞ!

 

カテ先を肺動脈の奥に進めると、

冷水を注入する注入用側孔が、右心房あたりに位置すんだ。

この注入用側孔から、0℃の冷水を勢い良く注入すると

心臓内の血液温度が一時的に下がる。

この下がった温度が元に戻るまでの時間を

カテ先端の温度センサで測定することで

おおよその心拍出量(CO)がわかるぞ!

 

熱稀釈法による心拍出量(CO)測定は、

ばらつきがあるため、

2~3回測定してその平均値を取るぞ!

 

心拍出量(CO)の正常値は4~8L/minだ!

 

 

 

スワンガンツカテーテルのエクササイズを始めるぞ!

 

スワンガンツエクササイズ① 空欄を埋めて表と文章を完成させるんだ!

早速、心カテ隊員専用ページから、

『スワンガンツ(Swan-Ganz)カテーテルを覚えるエクササイズシート』をダウンロードし印刷しよう。

まだ心カテ隊に入隊していない人は、今すぐ入隊してエクササイズシートを入手しよう。

⇒心カテ隊新規入隊申込(無料)はこちら

 

 

スワンガンツ エクササイズシート

エクササイズシートの3~5ページに、

穴埋め用の文章と表が用意してある。

上の文章と表を参考にして空欄を埋めて

スワンガンツカテの要点を効率よく覚えよう!

 

 



【PR】医師・看護師のためのオンライン英会話【医学英語アカデミー】




スポンサードリンク







  • セカンド

    心拍出量の測定をFick法で行う症例があるのですが、

    ① Fick法を行う症例はどんなときか?
    ② Fick法を行うときの検査の流れが、わかりません。
    ③ ポリグラフでFick法を行うときの、必要な測定項目(入力項目)がわかりま  せん。

    以上のことを、カテ初心者でもわかるように、誰か教えてください。
    よろしくお願いします。

    • 心カテ隊長

      >セカンドさん

      ①Fick法は中隔欠損など、
      シャントのある患者さんに対して行われることが多いです。
      理由は、熱稀釈法だと冷水がシャントを通じて漏れてしまい正確な数値が出せないのと、
      そういったケースでもFick法で測定すれば、シャントの影響を受けにくいと考えられているからです。

      ②Fick法は心臓内の血ガスを測定して計算していきます。
      手順としては

      1.PAで静脈血を採取
      2.通常通りの圧測定
      3.左心カテで動脈血を採取
      4.LVG

      こういた流れになります。

      ③Fick法では以下の数値を元に計算していきます。

      ・右心の酸素飽和度
      ・左心の酸素飽和度
      ・酸素消費量

      このうち、酸素消費量はヘモグロビンと心拍数、身長、体重より自動計算されるので、実質的にポリグラフへの入力項目は

      ・右心の酸素飽和度
      ・左心の酸素飽和度
      ・ヘモグロビン
      ・心拍数
      ・身長
      ・体重

      となります。

      • セカンド

        心カテ隊長 様

        どの教科書よりもわかりやすい説明ありがとうございます。
        イメージをわかせることができました。

        左心と右心の同時圧をとるのは、Fick法のためではないのですね?

        左心と右心の同時圧をとるのは、M弁の弁口面積を求めるためということで、よろしいでしょうか?

        • 心カテ隊長

          左心と右心の同時圧測定はM弁口面積を求めるためで、間違いないです。

          この検査は弁狭窄疑いの患者さんに対して行い、
          得られた数値は外科手術の適応になるかどうかの判断材料として使います。

  • ryo

    はじめまして、いつも参考にさせてもらっています。

    質問なんですが、

    肺動脈拡張期圧≒肺動脈楔入圧

    となるでしょうか?あくまで目安としてでですが。。。

  • ryo

    誰か教えてくだせ~~~~

  • kazu

    LVGのときに使うスケールは何のためでしょうか??
    基本的なことですみません・・・

  • セカンド

    隊長殿

    酸素飽和度のSet Upについて質問です。
    参考書に右房レベル、右室レベル、肺動脈レベルのSet Up値がそれぞれ
    10%、7.5%、5%以上と書かれているのですが、考え方よくわかりません。

    ① どこと比べて10%以上とか、5%以上計算しているのでしょうか?
      混合静脈血と比べてということでいいのでしょうか?
      具体例というか、計算方法も教えていただけるとありがたいです。

    ② 酸素飽和度がそれぞれの部位であがっていても、上記の数値以下の
      値ならば、Set Upは無いということでよいのでしょうか?

    よろしくお願いします。

  • hogehoge

    RAPはRight Atrial Pressureの略だと思います。
    Right Arterial Pressureは誤植ではないでしょうか。

このページの先頭へ