ペーシング閾値

さあ、今日も心カテ用語を解説していくぞ!

今日解説するのはペースメーカのペーシング閾値だ。

 

ペーシング閾値とは、心臓が収縮する為に必要は最低限のペーシング出力のことだ。

そのエネルギーは電圧、電流、パスル幅の3つによって決まっていくぞ!

 

一般にペーシング閾値は低ければ低い程良いとされている。

なぜなら、ペーシング閾値が低い場所にリードを留置することで、ペースメーカ本体のバッテリー寿命が長持ちさせれるだけでなく、クロストークのリスクも低く抑えれるからだ。

 

ペースメーカの臨床ではこのペーシング閾値は電圧(単位はV(ボルト))で調節していくことが多い。

植込み時の目安としては、心房、心室ともに1.0V以下(パルス幅と電流は標準設定)が望ましいとされているぞ!

 

ペーシング閾値上昇

植込み直後に計測する急性期のペーシング閾値は平常時と比べて高めに測定されることがある。

これは、リード留置時に周辺の心筋が炎症を起すことで起こる現象で、「ペーシング閾値上昇」として知られている。

 

ペースメーカ植込み時にどうしてもペーシング閾値が高い場合、それはペーシング閾値上昇によって起こっているかもしれない。

そうした場合は2〜3分、ウェイティングをおいてから再度、閾値を測定してみよう。

ウェイティングした後に閾値が下がっているようなら、その後も下がり続け、病棟でのチェック時には1.0V以下の数値まで落ち着いてることが多いぞ!



スポンサードリンク


カテ室で働く看護師の皆様へ
心カテブートキャンプからのお知らせ

2016年9月6日、心カテブートキャンプより心カテ看護に特化した新教材

「心カテ看護 虎の巻 〜心臓カテーテル検査/PCI編〜」

がリリースされました。

<心カテ看護虎の巻の詳細はこちら>


【心カテ隊のご案内】
カテ室に配属されたばかりの新人スタッフさんへ!
私たちと一緒に心カテを勉強しませんか?

心カテの勉強って一人でやろうとするとすごく大変!

そこで当サイトが運営する心カテ隊では、新人スタッフさん向けの無料学習プログラムを提供しています。

そこでは、入隊者全員にメルマガエクササイズというものを配信。
まず、心臓の解剖や疾患、心電図の見方といった基本的なところをおさらいし、その後、検査, PCI, アブレーション, ペースメーカ/ICD/CRTを一緒に勉強しています。
1回のエクササイズは5分程度で終わるように心がけているので、空いた隙間時間を有効活用して、コツコツ勉強を進めていきましょう。

さらに、隊員専用ページにてエクササイズシートというものを配布。
これは難しいカテ知識を、わかりやすくクイズ形式で覚えるためのツールです。

目標はエース級のカテ室スタッフ。
具体的には、周囲の状況から次の展開を先読みしコメディカルでありながら手技をリードできるレベルを目指しています。

現在、心カテ隊では全国3000人以上の新人スタッフさんが勉強しています。
あなたも一緒にいかがですか?

氏名  *
姓:

名:
メールアドレス  *
確認用メールアドレス  *

【重要】入隊後、メールが届かない方へ。
docomo, ezweb, softbankなどの携帯用メールアドレスで登録された方へのメール不達が頻発しています。入隊後にメールが届かない方はYahoo!メールもしくはGmailなどのパソコン用メールアドレスで再度ご登録ください。
*それでもメールが届かない場合は、こちらからお問い合わせください。

このページの先頭へ