IABP(大動脈内バルーンパンピング)とは

IABPとは、

心機能が著しく低下した患者さんのための補助循環装置のことを言うぞ!

 

 

IABPでは大動脈に大型のバルーンを留置し、

心臓の拍出にあわせてバルーンを膨らましたらりしぼませたりするんだ。

 

IABPを使うことで

①冠動脈への血流量を増やす

②脳への血流量を増やす

③心臓の後負荷を軽減する

④末梢血管への血流量を増やす

 

といった効果が得られるぞ!





このページの先頭へ