エルゴノビン負荷試験とは

エルゴノビン負荷試験とは、

異型狭心症を診断するために行う検査の事だ。

 

 

エルゴノビンという薬剤は

病変部を攣縮(スパズム)させる効果がある。

 

この効果を利用して

異型狭心症の診断を行うのがエルゴノビン負荷試験だ。

 

検査手順は、

①冠動脈造影用のカテーテルからエルゴノビンを投与する

②病変部の攣縮(スパズム)を確認

③攣縮(スパズム)を解除するために硫酸イソソルビド(ISDN)を投与する

の3ステップだ。

 

同様の検査にアセチルコリン負荷試験があるが、

アセチルコリン負荷試験との違いは

検査のときにアセチルコリンを使うか、

エルゴノビンを使うかの違いしかない。

 

一般に、アセチルコリンの方がエルゴノビンと比べ

攣縮効果の持続時間が短いため安全とされているが、

このあたりの考え方は担当医や施設によって異なるから

状況に応じて柔軟に対応しよう!



スポンサードリンク


カテ室で働く看護師の皆様へ
心カテブートキャンプからのお知らせ

2016年9月6日、心カテブートキャンプより心カテ看護に特化した新教材

「心カテ看護 虎の巻 〜心臓カテーテル検査/PCI編〜」

がリリースされました。

<心カテ看護虎の巻の詳細はこちら>


【心カテ隊のご案内】
カテ室に配属されたばかりの新人スタッフさんへ!
私たちと一緒に心カテを勉強しませんか?

心カテの勉強って一人でやろうとするとすごく大変!

そこで当サイトが運営する心カテ隊では、新人スタッフさん向けの無料学習プログラムを提供しています。

そこでは、入隊者全員にメルマガエクササイズというものを配信。
まず、心臓の解剖や疾患、心電図の見方といった基本的なところをおさらいし、その後、検査, PCI, アブレーション, ペースメーカ/ICD/CRTを一緒に勉強しています。
1回のエクササイズは5分程度で終わるように心がけているので、空いた隙間時間を有効活用して、コツコツ勉強を進めていきましょう。

さらに、隊員専用ページにてエクササイズシートというものを配布。
これは難しいカテ知識を、わかりやすくクイズ形式で覚えるためのツールです。

目標はエース級のカテ室スタッフ。
具体的には、周囲の状況から次の展開を先読みしコメディカルでありながら手技をリードできるレベルを目指しています。

現在、心カテ隊では全国3000人以上の新人スタッフさんが勉強しています。
あなたも一緒にいかがですか?

氏名  *
姓:

名:
メールアドレス  *
確認用メールアドレス  *

【重要】入隊後、メールが届かない方へ。
docomo, ezweb, softbankなどの携帯用メールアドレスで登録された方へのメール不達が頻発しています。入隊後にメールが届かない方はYahoo!メールもしくはGmailなどのパソコン用メールアドレスで再度ご登録ください。
*それでもメールが届かない場合は、こちらからお問い合わせください。

このページの先頭へ