アブレーション:AVNRTの通電・焼灼部位を覚えるエクササイズだ!

さあ、今日もエクササイズの時間だ。

今日のエクササイズは、AVNRT(房室結節リエントリー頻拍)の通電・焼灼部位だ!

 

 

AVNRTのアブレーションではSlow Pathwayを焼灼していく。

その際、心内電位の変化を読み取り正確にSlow Pathwayを焼灼できているかを確認していくんだ。

 

Slow Pathwayの通電・焼灼は、一歩間違えると完全房室ブロックを引き起こすぞ!

 

手技を安全に進めるためにもエクササイズを通して、AVNRTの通電・焼灼をしっかりと理解するんだ!

 

 

これが、アブレーション:AVNRTの通電・焼灼部位を覚えるエクササイズの全貌だ!↓

 

 

■AVNRTの通電・焼灼部位

アブレーション AVNRT 通電・焼灼部位

 

 

 

■心内電位で見る、正確な焼灼部位の決め方

Slow Pathway Potential (SPP)がある

V波がA波に比べて十分に大きい

 

アブレーション AVNRT 通電・焼灼部位決めgif

 

 

 

 

 

 

■Slow Pathway焼灼中の心内電位(ジャンクションリズム)

AVNRT ジャンクションリズム アブレーション部位

 

 

 

 

■アブレーション中、誤ってFast Pathwayを焼灼した場合の心内電位

アブレーション AVNRT 完全房室ブロック

 

 

AVNRTの通電・焼灼部位について整理していくぞ!

 

AVNRTの通電・焼灼部位について

アブレーション AVNRT

AVNRTのアブレーションでは、

CSと三尖弁輪の間を走行している

Slow Pathway を焼灼していくぞ!

 

 

 

 

このとき、Fast Pathway は絶対に焼灼してはならない。

もし、誤って Fast Pathway を焼灼してしまった場合、

高確率で完全房室ブロックを起こすから要注意だ!

 

 

正確な通電・焼灼部位の決め方

Slow Pathwayの焼灼部位は

ABL1-2(アブレーションカテーテルのカテ先)の心内電位を見ながら決定する。

 

アブレーション AVNRT 通電・焼灼部位決めgif

心内電位の見るポイントは2つだ。

①Slow Pathway Potential (SPP)がある

②V波がA波に比べて十分に大きい

 

 

 

 

まず、①のSPPの有無だが、

アブレーションカテーテルのカテ先を Slow Pathway 上に置くと

ABL1-2のA波と、HisカテのHis波の間に

SPP(幅が広く断片化している電位)が観測できる。

 

だから、アブレーションカテーテルのカテ先を

ABL1-2でSPPが観測できる位置まで動かし

Slow Pathway上に持っていくんだ!

 

 

次に、②V波がA波より十分大きい点だが

Slow Pathway を焼灼する際、

房室結節やFast Pathwayを誤って焼灼しないために

できるだけ三尖弁輪に近い位置を焼灼する必要がある。

 

ABL1-2のV波は、

カテ先が三尖弁輪に近づけば近づくほど大きくなる。

 

だから、可能な限りV波が大きい部位を焼灼することで

房室結節やFast Pathwayの誤焼灼を防ぎ、

完全房室ブロックの合併症のリスクが少ない、安全な手技が行えるんだ!

 

 

Slow Pathway 焼灼中の心内電位(ジャンクションリズム)

カテ先を Slow Pathway 上において通電・焼灼すると

CSの心内電位でジャンクションリズムという波形パターンが観測されるぞ!

 

ジャンクションリズム アブレーション

Slow Pathway 焼灼前の

正常な洞調律では

CS,Hisの心内電位の波形パターンが

A波⇒ His波 ⇒ V波

となる。

 

 

 

 

ところが、Slow Pathway の焼灼中ではアブレーション ジャンクションリズム 焼灼中

焼灼によって発生する電流が

Slow Pathway ⇒ 房室結節 ⇒ Fast Pathway & His束

の順に伝導する。

 

そのため、

房室結節を通った電流が、

心房と心室にほぼ同時に伝わるため

His波の直後にA波とV波が観測される波形パターン

His波 ⇒ A波 ⇒ V波

となるぞ!!

 

この波形パターンをジャンクションリズムと呼ぶんだ!

 

 

誤って Fast Pathway を焼灼してしまった場合の心内電位

AVNRTの手技で最も気をつけること、

それが「完全房室ブロック」だ!

 

完全房室ブロックは

AVNRTのアブレーションで起こりうる重篤な合併症で、

Fast Pathway や 房室結節を誤焼灼した場合に起こる。

 

中でも、 Fast Pathway を誤焼灼した場合は

ジャンクションリズムの波形を見ればすぐに分かるぞ!

 

 

 

ジャンクションリズム 正常 アブレーション

まず、正常のジャンクションリズムは

波形パターンが

His波 ⇒ A波 ⇒ V波

となる。

 

 

 

 

アブレーション ジャンクションリズム 誤焼灼

対して、Fast Pathway 誤焼灼時の

ジャンクションリズムでは

①A波が遅れる

②A波が消失

のいずれかの波形変化が起こる。

 

 

手技中、Slow Pathway の焼灼が始まったら、

常にCSの心内電位に注意を払ってFast Pathway を誤焼灼していないかチェックするんだ!

 

 

そして、Fast Pathway 誤焼灼の疑いがあった場合は

すぐに通電と中止して、完全房室ブロックになっていないか確認するんだぞ!

 

 

AVNRTの通電・焼灼部位のエクササイズを始めるぞ!

 

エクササイズ① AVNRTの通電・焼灼部位を書き込むんだ!

早速、心カテ隊員専用ページから、

『AVNRTの通電・焼灼部位を覚えるエクササイズシート』をダウンロードし印刷しよう。

まだ心カテ隊に入隊していない人は、今すぐ入隊してエクササイズシートを入手しよう。

⇒心カテ隊新規入隊申込(無料)はこちら

image

エクササイズシートの3ページに、

AVNRTの通電・焼灼部位を書き込むための絵が

用意されている。

実際に、通電・焼灼部位を書き込んでみて

どの部分を焼いていくのかを理解しよう!

 

 

空欄を埋めて、AVNRTのアブレーションのポイントを理解するんだ!

image

続いて、3ページの下に

正確な焼灼部位を決めるための

心内電位の読み方が書いてある。

空欄を埋めて、心内電位の変化から

正確な焼灼部位を判断するポイントを理解するんだ!

 

 

image

さらに、4ページには

ジャンクションリズムとFast Pathway誤焼灼時の

心内電位の特徴を書き込むための絵が

用意されている。

 

自分の手でCSの心内電位を書き込んで

波形の特徴を理解するんだ!!

 

 

 

 

よーし、その調子だ。いい感じだぞ!

AVNRTはアブレーションの中でも

出現頻度の高い重要手技の一つだ。

 

手技中は常に完全房室ブロックに注意しながら

慎重に進めていかなければならない。

 

安全な手技を行うためにも、

AVNRTの通電・焼灼のポイントは

自分の中で常識になるまで何度も反復練習するんだ!!



スポンサードリンク


カテ室で働く看護師の皆様へ
心カテブートキャンプからのお知らせ

2016年9月6日、心カテブートキャンプより心カテ看護に特化した新教材

「心カテ看護 虎の巻 〜心臓カテーテル検査/PCI編〜」

がリリースされました。

<心カテ看護虎の巻の詳細はこちら>


【心カテ隊のご案内】
カテ室に配属されたばかりの新人スタッフさんへ!
私たちと一緒に心カテを勉強しませんか?

心カテの勉強って一人でやろうとするとすごく大変!

そこで当サイトが運営する心カテ隊では、新人スタッフさん向けの無料学習プログラムを提供しています。

そこでは、入隊者全員にメルマガエクササイズというものを配信。
まず、心臓の解剖や疾患、心電図の見方といった基本的なところをおさらいし、その後、検査, PCI, アブレーション, ペースメーカ/ICD/CRTを一緒に勉強しています。
1回のエクササイズは5分程度で終わるように心がけているので、空いた隙間時間を有効活用して、コツコツ勉強を進めていきましょう。

さらに、隊員専用ページにてエクササイズシートというものを配布。
これは難しいカテ知識を、わかりやすくクイズ形式で覚えるためのツールです。

目標はエース級のカテ室スタッフ。
具体的には、周囲の状況から次の展開を先読みしコメディカルでありながら手技をリードできるレベルを目指しています。

現在、心カテ隊では全国3000人以上の新人スタッフさんが勉強しています。
あなたも一緒にいかがですか?

氏名  *
姓:

名:
メールアドレス  *
確認用メールアドレス  *

【重要】入隊後、メールが届かない方へ。
docomo, ezweb, softbankなどの携帯用メールアドレスで登録された方へのメール不達が頻発しています。入隊後にメールが届かない方はYahoo!メールもしくはGmailなどのパソコン用メールアドレスで再度ご登録ください。
*それでもメールが届かない場合は、こちらからお問い合わせください。

このページの先頭へ