造影検査時の圧測定のタイミング

心カテ隊員諸君、エクササイズの調子はどうだろうか?

今日はエクサイズを少し休憩して

心カテ隊員から寄せられた相談に答えようと思う。

 

まずは質問の原文だ↓

ポリグラフに関してお聞きしたいと思い、ご連絡しました。

 

造影ののみの場合では、

左冠動脈造影→右冠動脈造影→LVGの流れで行われ、

LVGのために、LVに入った時に1回、そしてLVG終わって引き抜きの際に1回

というのがルーチンの圧記録だと思いました。

そういった流れが一般的で、

かつ上記がポリグラフ担当者の正しいルーチン手技でよかったでしょうか?

 

初歩的なことで申し訳ありませんが、ご教授いただけると幸いです。

 

 

ではこの質問について、詳しく回答していくぞ!

 

 

造影検査時の圧測定は全部で5回だ!

一般的な造影時の圧測定は5回で、そのタイミングは

 

①最初の大動脈圧測定(pre Aorta)

②ピッグテールカテーテルの左心室挿入時の左室圧測定(pre LV)

③左心室造影後の左室圧測定(post LV)

④左室→大動脈への引き抜き圧測定(LV→Aorta)

⑤検査終了後の大動脈圧測定(post Aorta)

 

だぞ!

圧測定の5つのタイミングについて詳しく説明するぞ!

まず、①のpre Aorta圧は、

患者さん入室後一番最初に測定する圧で、

造影検査を行う前の正常圧をレファレンスとして測定するぞ!

 

次に②のpre LV圧では、

LVG前に心内圧をレファレンスとして測定しておくと同時に、

LV圧が高すぎないかを確認していくんだ。

 

そもそも、LV圧が高すぎると、LA圧も高くなり、結果肺うっ血のリスクが高まる。

LVGを行うとLV圧が若干上がるため、pre LV圧が高すぎるとLVGを中止することもあるぞ!

 

 

そして③post LV圧では、造影後にLV圧が大きく変わっていない事を確認するぞ!

 

 

④の引き抜き圧は、他の圧測定と少し意味合いが違う。

LV→Aortaへの引き抜き圧を見ることで

大動脈弁狭窄症(AS)の検査を行うんだ。

これは、ASの疑いの有る患者さんに対しては必ず行う検査だが、

多くの病院では、そうでない患者さんに対してもLVGのついでに行っている。

あくまで “ついで” ではあるが、意外とあなどれない検査で

これによりASが見つかる患者さんも稀にいるんだ。

通常LV圧とAorta圧はほとんど差がないが、ASの患者さんだと50くらい差が出るぞ!

 

 

⑤post Aorta圧は、

最後にpost Aorta圧を測ることで、

検査前と大きくAorta圧が変わっていないことを確認し手技を終了するぞ!

 

 

最後に、造影検査の流れを確認するぞ!

①pre Aorta圧測定

②左冠動脈造影

③右冠動脈造影

④pre LV圧測定

⑤LVG

⑥post LV圧測定

⑦LV-Aorta引き抜き圧測定

⑧post Aorta圧測定

 

以上が造影検査の一連の流れになるぞ!



スポンサードリンク


カテ室で働く看護師の皆様へ
心カテブートキャンプからのお知らせ

2016年9月6日、心カテブートキャンプより心カテ看護に特化した新教材

「心カテ看護 虎の巻 〜心臓カテーテル検査/PCI編〜」

がリリースされました。

<心カテ看護虎の巻の詳細はこちら>


【心カテ隊のご案内】
カテ室に配属されたばかりの新人スタッフさんへ!
私たちと一緒に心カテを勉強しませんか?

心カテの勉強って一人でやろうとするとすごく大変!

そこで当サイトが運営する心カテ隊では、新人スタッフさん向けの無料学習プログラムを提供しています。

そこでは、入隊者全員にメルマガエクササイズというものを配信。
まず、心臓の解剖や疾患、心電図の見方といった基本的なところをおさらいし、その後、検査, PCI, アブレーション, ペースメーカ/ICD/CRTを一緒に勉強しています。
1回のエクササイズは5分程度で終わるように心がけているので、空いた隙間時間を有効活用して、コツコツ勉強を進めていきましょう。

さらに、隊員専用ページにてエクササイズシートというものを配布。
これは難しいカテ知識を、わかりやすくクイズ形式で覚えるためのツールです。

目標はエース級のカテ室スタッフ。
具体的には、周囲の状況から次の展開を先読みしコメディカルでありながら手技をリードできるレベルを目指しています。

現在、心カテ隊では全国3000人以上の新人スタッフさんが勉強しています。
あなたも一緒にいかがですか?

氏名  *
姓:

名:
メールアドレス  *
確認用メールアドレス  *

【重要】入隊後、メールが届かない方へ。
docomo, ezweb, softbankなどの携帯用メールアドレスで登録された方へのメール不達が頻発しています。入隊後にメールが届かない方はYahoo!メールもしくはGmailなどのパソコン用メールアドレスで再度ご登録ください。
*それでもメールが届かない場合は、こちらからお問い合わせください。

このページの先頭へ