虚血プレコンディショニングとは

虚血プレコンディショニングとは、

薬剤を用いて心筋細胞に虚血耐性を持たせ

再灌流時の心筋壊死を抑制することを言うぞ!

 

カテ室では急性心筋梗塞の患者さんや、

心臓が弱っている患者さんに対してPCIを行う際に

虚血プレコンディショニングを施し心筋を保護していくぞ。

 

 

ニコラジルによる虚血プレコンディショニングの機序

カテ室ではニコラジル(製品名:シグマート)を用いて

虚血プレコンディショニングを患者さんに施していく。

 

ニコラジルによる虚血プレコンディショニングの機序は

3つあるぞ!

 

①心筋細胞内のイオンチャネルに作用して細胞内のイオンバランスを整える

②心筋細胞を壊死させる酵素を不活化する

③心筋細胞を壊死させる酵素反応を隣の細胞に伝わりにくくする

以上の3つだ。

 

一つずつ解説しよう。

①心筋細胞内のイオンチャネルに作用して細胞内のイオンバランスを整える

心筋細胞内には多くのイオンがあり、

絶妙なイオンバランスを保ち心筋を正常に働かせている。

 

ところが、

再灌流時には心筋細胞内のイオンバランスが崩れ

それがきっかけで心筋が壊死してしまう。

 

ニコラジルには、心筋細胞内のイオンバランスを整える作用がある。

そのため、予めニコラジルを投与しておくと

再灌流時にイオンバランスが崩れにくくなり

心筋の壊死を予防できるぞ!

 

②心筋細胞を壊死させる酵素を不活化する

すべての心筋細胞は、心筋細胞を壊死させる酵素を持っており、

その酵素が活性化すると心筋細胞が壊死してしまう。

 

通常、再灌流時にその酵素は活性化し

心筋を壊死させるきっかけとなるが、

ニコラジルには、その酵素を不活化する作用を持っており

予めニコラジルを投与しておくことで

心筋壊死を予防することができるぞ!

 

③心筋細胞を壊死させる酵素反応を隣の細胞に伝わりにくくする

心筋細胞の壊死は酵素反応によって引き起こされる。

この酵素反応は隣の細胞にも伝わり

一つの細胞が壊死を始めると隣の細胞まで壊死が広がってしまう。

 

ニコラジルには、その酵素反応を隣の細胞に伝わりにくくする作用があり、

それにより心筋壊死の範囲を最小限に抑えることが出来るぞ!



スポンサードリンク



【心カテ隊のご案内】
カテ室に配属されたばかりの新人スタッフさんへ!
私たちと一緒に心カテを勉強しませんか?

心カテの勉強って一人でやろうとするとすごく大変!

そこで当サイトが運営する心カテ隊では、新人スタッフさん向けの無料学習プログラムを提供しています。

そこでは、入隊者全員にメルマガエクササイズというものを配信。
まず、心臓の解剖や疾患、心電図の見方といった基本的なところをおさらいし、その後、検査, PCI, アブレーション, ペースメーカ/ICD/CRTを一緒に勉強しています。
1回のエクササイズは5分程度で終わるように心がけているので、空いた隙間時間を有効活用して、コツコツ勉強を進めていきましょう。

さらに、隊員専用ページにてエクササイズシートというものを配布。
これは難しいカテ知識を、わかりやすくクイズ形式で覚えるためのツールです。

目標はエース級のカテ室スタッフ。
具体的には、周囲の状況から次の展開を先読みしコメディカルでありながら手技をリードできるレベルを目指しています。

現在、心カテ隊では全国3000人以上の新人スタッフさんが勉強しています。
あなたも一緒にいかがですか?

*は入力必須です。
氏名*  姓:名:
メールアドレス* 
確認用メールアドレス* 

【重要】入隊後、メールが届かない方へ。
docomo, ezweb, softbankなどの携帯用メールアドレスで登録された方へのメール不達が頻発しています。入隊後にメールが届かない方はYahoo!メールもしくはGmailなどのパソコン用メールアドレスで再度ご登録ください。
*それでもメールが届かない場合は、こちらからお問い合わせください。

このページの先頭へ