ペースメーカーで起こるセンシング不全 原因と対策/心電図

さあ、今日も心カテ用語を解説していくぞ!

今日解説するのはペースメーカで起こりうるトラブル、センシング不全だ。

 

センシング不全とは、

ペースメーカが正常に自己脈を認識できない状態のことで、

ペースメーカの誤作動の原因となるぞ!

 

センシング不全が起こると、頻繁にアンダーセンシングしたり、

逆に筋電位やノイズをオーバーセンシングしたりしてしまう。

 

センシング不全は発見次第速やかに対処しなければならない。

迅速に発見、対処できるよう理解を深めていこう!

 

 

センシング不全の原因

センシング不全の原因は様々だ。

 

  • 電極の移動(ディスロッジ)
  • リードの損傷
  • 本体との接続不良(ルーズピン)

 

などが考えられる。

 

 

センシング不全への対策

センシング不全への対策としては、ペースメーカのセンシング感度を最適値に再設定することが有効だ。

 

ところが、電極の移動(ディスロッジ)があまりにも大きすぎたり、リードが損傷していたり、本体との接続不良(ルーズピン)していると、設定変更だけで対応できない場合もあり得る。

その際は、速やかにリオペ(再手術)を行い原因に応じた処置を施す必要があるぞ!

 

 

センシング不全の心電図

センシング不全を起すと心電図にも変化が現れてくる。

通常、ペースメーカを入れている患者さんは一定のレートで規則的に脈を打ち続けるが、センシング不全を起すと脈が突然速く不規則になったり、急激に遅くなったりする。

このような不整脈のような脈拍数の変化が心電図上に現れたらセンシング不全の可能性が疑われるぞ!



スポンサードリンク


カテ室で働く看護師の皆様へ
心カテブートキャンプからのお知らせ

2016年9月6日、心カテブートキャンプより心カテ看護に特化した新教材

「心カテ看護 虎の巻 〜心臓カテーテル検査/PCI編〜」

がリリースされました。

<心カテ看護虎の巻の詳細はこちら>


【心カテ隊のご案内】
カテ室に配属されたばかりの新人スタッフさんへ!
私たちと一緒に心カテを勉強しませんか?

心カテの勉強って一人でやろうとするとすごく大変!

そこで当サイトが運営する心カテ隊では、新人スタッフさん向けの無料学習プログラムを提供しています。

そこでは、入隊者全員にメルマガエクササイズというものを配信。
まず、心臓の解剖や疾患、心電図の見方といった基本的なところをおさらいし、その後、検査, PCI, アブレーション, ペースメーカ/ICD/CRTを一緒に勉強しています。
1回のエクササイズは5分程度で終わるように心がけているので、空いた隙間時間を有効活用して、コツコツ勉強を進めていきましょう。

さらに、隊員専用ページにてエクササイズシートというものを配布。
これは難しいカテ知識を、わかりやすくクイズ形式で覚えるためのツールです。

目標はエース級のカテ室スタッフ。
具体的には、周囲の状況から次の展開を先読みしコメディカルでありながら手技をリードできるレベルを目指しています。

現在、心カテ隊では全国3000人以上の新人スタッフさんが勉強しています。
あなたも一緒にいかがですか?

氏名  *
姓:

名:
メールアドレス  *
確認用メールアドレス  *

【重要】入隊後、メールが届かない方へ。
docomo, ezweb, softbankなどの携帯用メールアドレスで登録された方へのメール不達が頻発しています。入隊後にメールが届かない方はYahoo!メールもしくはGmailなどのパソコン用メールアドレスで再度ご登録ください。
*それでもメールが届かない場合は、こちらからお問い合わせください。

このページの先頭へ