心カテブートキャンプからのお知らせ
【研修医向け】
春から研修医になるにあたってオススメのサイト

【カテ室に入りたての新人向け】
短期間で心カテエースを養成する特別カリキュラム 心カテスターターパック

ソセゴン・アタラックスPを覚えるエクササイズだ!

スポンサードリンク

さあ、今日もエクササイズの時間だ。

今日のエクササイズはソセゴン・アタラックスPだぞ!

 

ソセゴン・アタラックスPは複数のシースを留置する際に使用される薬剤だ。

心カテにおけるソセゴン・アタラックスPの役割をしっかりと理解するんだ!

 

 

これが、ソセゴン・アタラックスPを覚えるエクササイズの全貌だ!↓↓

 

 

名称 作用 使用のタイミング 使用の目的
ソセゴン・
アタラックスP
鎮痛作用及び精神安定作用 一箇所に複数のシースを留置する時 シース留置時の痛みを軽減するため

 

 

 

 

ソセゴン・アタラックスPについて整理していくぞ!

 

ソセゴン・アタラックスPの作用

ソセゴン・アタラックスPは鎮痛作用と精神安定作用を持つ薬剤だ。

 

鎮痛作用のあるソセゴンと

精神安定作用のあるアタラックスpの

2種類の薬剤を同時に投与する形で使用するぞ!

 

痛みを止めるだけでなく、

気持ちを落ち着かせることができるのが特徴だ。

ソセゴン・アタラックスPを使用するタイミング

ソセゴン・アタラックスPは複数のシースを留置する際に使用される薬剤だ!

 

■複数のシースを留置するとき

本来、シース留置時は

局所麻酔作用を持つ1%キシロカインが第一選択だ。

しかし、キシロカインの効きにくい患者さんがいるため

複数のシース留置のような確実に強い痛みが伴う場合に

鎮痛作用のあるソセゴンを使用する。

 

また、精神安定作用を持つアタラックスPを

同時に投与することで

患者さんの気持ちを落ち着かせ

より苦痛の少ない手技を行っていくんだ。



【PR】医師・看護師のためのオンライン英会話【医学英語アカデミー】




スポンサードリンク







このページの先頭へ